競馬みんな大好きやんな

競馬はギャンブルだけど観戦するのも楽しい

私はギャンブルで儲けることは難しいと思っています。

 

だからなるべくギャンブルにお金をつぎ込まないようにし、競馬だったら観戦をメインにしてできるだけお金は使わないようにします。

 

競馬って見ているだけで楽しめる競技だと思います。私は馬券を買うこともありますが、買ったとしても100円単位。大体一枚100円で買い、たまに200円で買ってます。

 

気が小さいというのもありますが、あくまで私は競馬観戦をしたいだけだから、大きなギャンブルはせず、おまけ程度に考えて馬券を買ってます。

 

当たればラッキー、外れても損はあまりなし、こういう軽い考え方をすることで、競馬をどんどん好きになれます。大金を使って馬券を買い、すべて損したら嫌になってしまうしイライラが大きくなってしまって精神的に良くなさそうです。

 

私はそんなに気が強くない性格だから、ギャンブルには手を出さないようにし、そしてできるだけ興味を持たないようにしています。

 

競馬は騎手と競走馬を見ることができれば満足。そう考えると、ギャンブルをしなくても楽しいと感じられます。騎手も競走馬もかっこいい。走っている姿に魅力を感じることができれば、ギャンブル要素なんて忘れられます。

 

もちろん馬券を買うことを良くないこととして捉えているわけではありません。私だって応援している騎手が人気馬に乗っていたら買いたいと思うし、たまにスポーツ紙の競馬欄を見てレースに興味を持って買いたいと思うこともあります。人間って単純で、ちょっとしたきっかけで簡単に興味を持ってしまうものなのです。

 

ようはほどほどに買うのがいい、ということなんですよね。借金をしてまでギャンブルに熱中するのはさすがにNG。自由に使えるお金だけで楽しむのが、正しいギャンブルの仕方だと思います。生活に支障が出ない程度に競馬を楽しむ方が、人生も気持ちも楽になります。ギャンブルのための競馬ではなく、観戦のための競馬だと思うと、使うお金を抑えられると思います。


趣味は競馬です

ギャンブルに勝つ必勝法なんてあるのでしょうか?私は長年競馬をやっていますが、未だに必勝法が見つかりません。新聞予想、オッズ、コンピ指数などいろいろ駆使して必勝法を探していますが、これといってまだ見つかっていないのが現状です。競馬に勝つ人は、有料サイトを使っているとよく聞きますが、それでは自分予想にならず、情報料が決して安くはありませんので、使いたくありません。あくまでも自分予想で必勝法を探したいのです。

 

私がよく買う馬券は三連複と馬連ですが、確実な人気馬から軸流しで数頭のみ買っているため、配当があまりつきません。買い目も多くしないと当たらないので、たとえ的中しても儲けは少しの額で、そんなに得した気にはなれません。大穴を狙うとレースは堅く決まり、予算不足で買わない馬に限って穴できたりして、本当に悔しいことばかりです。それでも競馬は楽しくて、止めることができません。一日に買うレースと予算をしっかり決めて最低限の金額で私は競馬を自分流に楽しんでいます。

 

私は毎週競馬場に行って馬券を買っています。競馬仲間が10人以上いて、みんなでワイワイ騒ぎながら予想をしたり、的中したらみんなで喜んだり、外れてガッカリ落ち込んだり、それだけで十分楽しいのですが、やはり競馬をやるからには勝ちたいのが本音です。

 

仲間の馬券の買い方も色々でして、ほとんどの人は三連単フォーメーションで買っています。一番配当が付く買い方なのですが、買い目が多く、1レースに最低でも5000円〜1万円くらい必要になりますので、私のような一般庶民には手が出ない買い方です。それに、みんな毎レース勝負していますので、一日に相当の額を投資していることになります。それでも一度的中すると数万から数十万、まれに百万単位の配当金が出ることもありますので、やはり、投資額が多い人の方が競馬は儲かるのかなと思います。

 

私にとって競馬はあくまでも趣味のひとつです。ギャンブルと言えるほど賭けていませんし、新聞予想や勘で賭けたりもしません。少ない予算で楽しむために、これからも自分なりの必勝法を探しながら楽しんでいきたいと思います。


競馬はドラマ(ステイゴールド)

競馬を勧める。

 

そんなときはどうすればいいかというとき、私は競馬のドラマ性を押します。

 

競馬は夢があって、ドラマがある。

 

そのことについて話をするためにある馬を題材に挙げます。

 

私の一番好きな馬…というと違うのですが、これほどにドラマを

 

感じる馬はいないと思っており、ここでも紹介をさせていただきます。

 

 

 

その馬の名前をステイゴールドと言います。

 

 

 

三冠馬オルフェーヴルの父馬として有名な同馬ですが、現役の活躍からは

 

ここまで大成する父親になるという予想はつかなかったのではないでしょうか?

 

近親に活躍馬も多いそこそこの良血であった同馬が頭角を現したのは

 

春のクラシックがすでに終わった3歳の夏頃。

 

ここで3勝を挙げ、夏の上り馬としてクラシック戦線に名乗りを挙げたのがはじまりでした。

 

クラシック最後の一冠である菊花賞は目立たない成績に終わりましたが、

 

そこからは重賞レースの「勝ちきれない」常連として目立ってきました。

 

4歳時は1勝もしていないもののG1レースで2着3回の3着1回。

 

5歳時もG1で2着3着を1回ずつ。とにかく「勝てない馬」でした。

 

競馬の世界ではどういったわけかこのような馬は愛されます。

 

勝ちまくる馬にはアンチというか否定派がよく出てくるのですが、

 

こういった馬は続けて応援する温かいファンが多いです。

 

きっと「次こそは」という思いを持たせてくれるのでしょう。

 

しかし、実際にそんな思いを持たせてくれる馬がその思いに応えられることは殆どありません。

 

それでも、ステイゴールドはその思いに応えられる馬でした。

 

6歳になって初の重賞制覇。当時のファンは皆喜んだと聞いています。

 

6歳時はそれ以降目立ちませんでしたが7歳になって重賞2勝目。そして海外遠征に挑戦。

 

ここでまさかの勝利を収めてしまいます。優勝したレースは当時G2でしたが現在はG1に

 

なっている世界的にランクの高いレース。そして下した馬が前年のワールドシリーズチャンピオンシップ

 

(世界各国指定のレースでの成績により競うもの)の覇者であるファンタスティックライト。

 

まさかの勝利(?)にファンは歓喜しました。

 

しかしながら届かないG1の栄光。秋のG1シーズンでも結果が出ず、

 

ステイゴールドは同年に引退するということが決まっておりました。

 

これまで戦い抜いてきてちょうど50戦目となる引退レース。

 

彼は日本ではなく香港、海外のG1レースに出ていました。

 

当時見ていた人は最後エクラールがセーフティリードと思える絶望的な差を築いたときに

 

最後も2着かと思ったことでしょう。

 

しかし、最後の最後で文字通り羽が生えたかのような伸びを見せ、ゴール寸前でかわして優勝。

 

善戦マンの汚名を最後の最後、しかも海外でやってのけるという離れ技を演じて見せたのです。

 

この最後のレースは背景を知って見ていただくと涙がこぼれるようなレースです。

 

是非とも見てもらいたいものです。

 

 

 

と、長くはなりましたが、ステイゴールドの現役時代のお話は以上になります。

 

調べてみると1頭1頭本当に嘘みたいなドラマがあるのが競馬です。

 

そんなドラマ、歴史の生き証人になれる世界でもあります。

 

是非とも過去の馬について知ってみたり、新しいドラマを見つけたりしてほしいと思います。